*

ED治療 バイアグラ

バイアグラを服用しても効かない原因と対策とは

投稿日:

ファイザー社が作り、多くのED患者を救っている「バイアグラ」

しかし正しい使い方をしなければその効果を実感できないのです。

そこで今回はバイアグラの効果を実感できない原因とその対策を調査しました。

これからバイアグラの服用を考えている人はぜひ注意してください。

バイアグラが効かなくなる原因

まずバイアグラが効かなくなる原因です。

大きくこの4つのいずれかです。

食後の服用

1つめはバイアグラを食後に飲んだケースです。

バイアグラの有効成分である「シルデナフィル」が、食事したものによって吸収が妨げられてしまうことで起きます。

バイアグラは効果が現れるまで30分ほどかかります。よって食事の直前に摂るのではなく、食事をする1時間ほど前に服用するようにしましょう。

精神的な問題

2つめは精神的な問題を抱えているときです。

EDが起きる原因は複数あるのですが、その1つがセックスに対する嫌悪感などを含む精神的なものです。

そのような時にバイアグラを飲んだとしても、そもそも勃起する可能性が低いため効果が出ないとなります。

老化によるもの

3つめは老化によるものです。

勃起するメカニズムは、性的な刺激を受ける→興奮する→血液が海綿体に流れ込むといったものです。

また、男性器の血管は心臓の血管よりも細いです。よって、加齢によって血管がつまり気味になっていたりするとバイアグラの効果を実感しづらくなってしまいます。

血管機能の低下

最後は血管機能の低下によるものです。

先程の老化にも関係しますが、勃起は海綿体に血液が流れ込むことで起きます。

よって、肥満や動脈硬化といったことで血管が硬くなったり、詰まり気味になっていると血液のめぐりが悪くなります。

また、糖尿病の人も血管の働きが悪くなっているため勃起しづらくなっています。

以上の4つがバイアグラが効かなくなる原因です。

では、これらの事態を避けるために打てる手はあるのでしょうか。

効かなくならないための対策

バイアグラの効果を実感しやすくするために、できることは以下の2つです。

食事から最低2時間空けて服用する

まず最初にも挙げたように、バイアグラは食後に飲むと効果を実感しづらいです。

バイアグラはそもそもが食前に飲む薬ですので、通常であれば食事の1時間前に服用するようにしましょう。

もし食事をする前に服用し忘れた場合は、最低でも食事から2時間は空けて、食べたものが消化されてから飲むようにしましょう。

そうすることで、バイアグラの成分がしっかりと身体に吸収されるようになります。

油分の食事を避ける

また、もし食事をしないといけない場合になったとしても油分の多い食事は割けるようにしてください。

再三食事によって成分の吸収が阻害されるといっていますが、特に油分による阻害が一番阻害度合いが大きくなります。

なお、男性の勃起力を挙げる成分として有名なのは「亜鉛」です。

よって、デートの時には牡蠣を食べるとその後のお楽しみにもつながりやすいです。

まとめ

以上、バイアグラを服用しても効かない原因と対処法でした。

バイアグラは今や誰でも名前を知っているものですが、れっきとした薬です。

よって、恥ずかしいからと通販で個人輸入をするのはやめましょう。

ちなみに、イースト駅前クリニックでは駅徒歩1分・バイアグラなどのED治療薬処方まで8分のクリニックです。

処方している薬も、国内承認が出ている薬なので安心して使用することが出来ます。

もしED治療薬が欲しくなった場合は、ここから最寄りのイースト駅前クリニックを探して行ってみてくださいね。

-ED治療, バイアグラ

Copyright© むっくりん , 2018 AllRights Reserved.